【灰鰤】W+Info Snatcher 2.02

先日、珍しくご要望を頂いたので、とりあえずお試しということで、それ用に「W+Info Snatcher」を更新してみました。

「W+Info Snatcher 2.02」(CAB版)のダウンロード

「W+Info Snatcher 2.02」のReadme.txt

【更新内容】
・3G接続設定の時でもW+Infoを更新できるように、更新時にPHS(CLUB AIR-EDGE)接続に切り替える機能を追加
・サーバ側の応答が不正な場合でもアプリケーションエラーで落ちにくくした(つもり)

【なんか不安な人向け、安全なアップデート(ていうか新規インストール)方法】
1. W+Info Snatcherの[メニュー]→[設定]から、自動更新予約を全て解除します。
2. 続けて[メニュー]→[メンテナンス]→[アンインストール用削除]を行ってW+Info Snatcherを終了します。
3. Windows Mobileの[設定]→[システム]→[プログラムの削除]からアンインストールします。
4. ↑からダウンロードしたCABをインストールします。
5. 初期設定に戻ってしまっているので、必要に応じて設定をしなおします。

ただ、灰鰤購入時からここでも書いている通り、うち自身はPHS接続しか利用しておらず、
(まだ添付のFOMAカードを割ってすらいなくて、適当な灰SIMを挿しているだけ・・・笑)
正直な話、「想像」で実装している部分が多いので、どこまで想像通りに動いてくれるか微妙な感じです。

やってる事は、接続の「センタ名称設定」の文字列を決め打ちして該当するレジストリを書き換えているだけでして、
自分で3Gの接続先を追加している場合は、その「接続名」をW+Info Snatcher 2の設定で入力すればいいと思います。
その「接続名」と「CLUB AIR-EDGE」をうまい事切り替えるような動きになっている・・・といいのですが(笑
いろいろあって、エミュレータでも実機でもあまりまともにテストできておらず、
設定上のみで「CLUB AIR-EDGE」と「CLUB AIR-EDGE 3G」が切り替わるのを確認できた程度ですので、
想定していない何らかの不都合がある可能性は大いにあります。
まぁ、上記更新内容が普段の利用範囲に全く影響しない場合は、そこまで急いで更新する必要はないと思います。

というのも、使用者が明示的に操作しない状況で自動でPHS回線と3G回線を切り替えますので、
W+Info Snatcherの挙動が原因で無駄な3Gパケット料を請求されないように、回線切り替え設定時は十分注意する必要があります。

もちろん、特に不具合修正に関しては、今後も自分で見つけたり指摘してもらえたりする限りは対応していくつもりでいますので。

leave your comment