ウィルコム端末に無差別に来る迷惑メールを暫定的に受信拒否する(2012年2月12日版)

今現在、ウィルコムとしては複数回線あるのですが、いまだに灰鰤がメイン端末でして、
その他の、蜂箱だの蜂4だのは、メールに関しては全く使っていない状態です。

「全く使っていない」というのはどのくらい使っていないのかというと、
買ったときにオンラインサインアップでメアドを登録して以来、
このアドレスを誰にも伝えておらず、一切送受信していないという感じです。

ところが、ここ1週間くらいで、突然もの凄い量のいわゆる迷惑メールが届くようになりました。
適当にタイムライン等を検索してみても、かなりの人が同じ内容の迷惑メールを受信しているようです。

WILLCOM|迷惑メールにご注意ください

いろいろ使ってて外部に漏れているメアドならともかく、
全く使っていなかったメアドに爆撃され始めるのはなんとも納得がいかないものです。

この辺のメール周りのシステムはウィルコムの最も脆弱で足回りの悪いところで、
ランダム生成や辞書攻撃、内部情報流出やサーバのハックなど、いろいろ原因は考えられますが、
こんな程度の大量の迷惑メールなら、他キャリアなら門前払いされてもおかしくないところなのですが、
ウィルコムはほぼ丸腰のノーガードなので、こんな迷惑メールでもどんどん到着します。
過去にあまり標的にされてこなかった弱小キャリアだからこそなんでしょうけど、
一旦狙われだすと本当に弱っちいキャリアだな、と痛感しますね(笑

ここで、普通のユーザーですと、
「やべっ、迷惑メールが届くようになった!メアド変更しなきゃ・・・」
と思われるかもしれませんが、個人的にはそこまで急いでメアドを変更する必要はないと思っています。

というのも、ランダム生成の場合だと、いくらメアドを変更しても発見され次第また来るようになりますし、
わざわざそんな下らないいたちごっこに付き合う必要はないと思いますし。

あくまで個人的な意見ですが、こんだけキャリア内に大量に同時送信されているので、
ここまでくるとウィルコム側で対処すべき問題なんじゃないかと思っています。
基本的には「ウィルコムドメインから送信されたメールじゃない場合は対処できない」という方針のようですが、
「明らかに怪しい挙動のメール」なわけですし、やはりメールサーバ側で止めるべきじゃないかと。

ま、こんな状態のまま放置してても、ウィルコムには何の得もないわけですし、
適当に報告できるようならして、しばらく待てば対応してくれるような気もしますけどね。
少なくとも、2年前の似たような事例の時はそうでしたので。

閑話休題。

しばらく待てと言われても、うっとおしい事には変わりないわけで、
迷惑メールを受信しないように、暫定的に設定を変更しておきましょう。

一応、2月12日現在の迷惑メールはこんな感じ。

・なぜか「willcom.com」ドメインの人だけに届く。相変わらず「pdx.ne.jp」ドメインには届かない。
・送信者を「~@yahoo.co.jp」や「~@~.info」に偽装している。
・BCCとかで大量に送信しているらしく、宛先に別のウィルコムユーザーらしい人も。

とりあえず、「オンラインサインアップ」に接続します。

「迷惑メール防止」を選択します。


「以下のアドレスを拒否する」を選択して、テキストボックスに
*@yahoo.co.jp
*@*.info
と入力して、「この内容で登録」します。

当然、Yahoo!メールからのメールは受信できなくなりますが、
まぁ、昔からここは偽装アドレスの温床なので、
フリーメールなら、GmailやHotmailを使いましょう、という事で(笑

もし、後日こいつらが沙汰されたら、この設定を戻してやればOKです。

某更生中の会社の某社員さんらしきツイートによると、
休日返上で頑張って対応しているらしい話なので、
これが本当かどうかはさておき、まぁいずれにせよ時間の問題かと。

leave your comment