本態性血小板血症とそれに伴う脾腫についての記録(57)

今週、血液内科行ってきました。
PLTは70.9万で、まぁいつも通り。
特にこれと言って特別報告するような結果は全くなく。

毎回、担当の先生と履歴を見ながら雑談をする感じなんですが、
脾腫の話にもなり、前回のCTが3年前という事だったので、
(もうそんなに経ってたのか…って感じですが)
次回、久しぶりにCTを撮ることになりました。

最近は、 「慣れ」もあると思うんですが、
脾腫の方は割とおとなしめな感じで、「痛い」と感じることは
ほとんど無くなってはいます。

んじゃ、それで良くなっているのかというと、そんな事はなく、
(単に「収まり」が良くなってきているだけかもしれない…)
脾臓が 腫れあがっていること自体は自分でもよく分かりますので、
もしかしたら少しずつにしろ、大きくなってきているのかもしれません。

これに関しては、本当に1ヶ月2ヶ月とかいう程度のスパンではなく、
それこそ数年単位でジワジワくるものですから、
長い目で見てやっていかないといけませんね。
…というのも、PLTが上昇傾向にない、という前提での話ですけど。

leave your comment